故障発生でエラい目にあった栃木山中苦行ツーリング

160501_header

GWに入ってしまう前にツーリングに行こう!と思い立ち、4月26日に栃木の山の中を走る日帰りツーリングに行ってきました!

まずは山中の県道を走って草木湖に行き、名草鹿島神社で巨石群を見て、上杉謙信を相手に最後まで落城しなかった関東七名城の一つ・唐沢山城址を見に行くという完璧なルート設定。天候にも恵まれたおかげで途中までは非常に快適なツーリングだったのですが…。残念ながらメカトラブル発生により一転して苦行ツーリングへと変化してしまいました。

とりあえずツーリングの概要とダイジェスト版動画公開のお知らせを。

<スポンサーリンク>

準備万端! 天気は快晴!!

入念な下調べと計画によって素晴らしいツーリングになることが約束されていたハズの本ツーリング。

160501_01

160501_02

以前一度走ったことがある道だったので、走る楽しみを味わえることは保証済み。さらに、ネタとしても巨石群+名城という美味しいところを揃えたので動画コンテンツとしてもそれなりに面白くなりそうな予感。

マウント類をごっそり忘れた前回のツーリングの反省を活かし、今回は前夜から荷物を入念にチェック。準備万端でツーリングに臨んだ次第だったのですが。好事魔多しすなぁ…。

ラジエーターホースに亀裂

草木湖までは順調にたどり着き、そこでWRに乗ってキャンツー中だったライダーさんとしばし歓談。「やはり自分には軽快な250cc単気筒デュアルパーパス車がベターだなぁ」という思いを強くしながら名も無き山岳路へ向かう。

160501_15

おぅふ……。
まあまあ、この手の道を行くツーリングではよくあること。やむなく名草鹿島神社はキャンセルして唐沢山城に向かうことに。

市街地に下りてきて踏切待ちをしていたところで、何かが右足に当たる感触が!

ドボドボドボ

うお! 何か液体がエンジンから溢れてるうううううう!

160501_03

160501_04

ラジエーターとエンジンを繋ぐホースに大きな亀裂が入って、そこから大量の冷却水が零れ落ちていたのでした。
慌てて脇の空き地にバイクを停めて対応を考えることに。

一番手っ取り早い安全策は、保険のロードサービスを呼んで車両を回収してもらうこと。しかし、チューリッヒのロードサービスは100km以上で有料になってしまうので、車検をお願いした都内のアプリリア取扱店までは搬送出来ない…。となると北関東で唯一の取扱店である群馬県のお店に搬送して修理してもらうことに。ここは去年の事故の際にもお世話になったお店なので安心っちゃ安心なのですが、いかんせん群馬まで引き取りに行くのが死ぬ程面倒臭い。

★参照リンク:マヌケ自損事故報告
〔暇さえあれば備忘録〕

自走不能だった前回と違い、今回は単なる故障。それもホースの穴を塞ぎさえすれば直る故障なので「自力で何とかなるんじゃね?」と思ったのもやむを得ない判断かと? ということで、まずは修理する方向で行動を開始します。

応急処置

とはいえ、工具も何も無い状況ではどうにもならず。まずは故障地点のそばにあった自動車修理工場に診てもらえないかお願いに。すると、「パーツが無いと無理」と断られながらも近所にバイク屋があることを教えてもらうことに成功。口ぶりでは「すぐ近所」という感じだったので歩き始めたのですが、片道40~50分ぐらいかかりましたよ!(^-^)/

バイク屋さんも自ら出向いて直してくれる気は無しな模様。ですが、「とりあえず穴をテープで塞いで水を足しながら走るしかない」というアドバイスとアルミテープをくれました。

160501_05

バイクの所へと戻るすがらにコンビニでサランラップと布テープとミネラルウオーターを購入。

160501_06

ラップとテープでグルグル巻きにして水をドボドボと見えているキャップから何も考えずに注ぎ込みます。

160501_07

しかし、溢れだした量と比較すると全然足りていない量しか入らず。「あれ? なんでたったこれだけしか入らないの?」と疑問に思いつつも更なる思慮をすることなく、東京目指して走り始めることに。下道で渋滞や信号待ちに巻き込まれるより高速をタラタラ走った方が安全なのではという結論に達したので、最寄りのインターチェンジへ。

が、走り始めるとすぐに水温計が上昇!
トラブルを告げる赤いランプも点灯!
うおおおおお、ヤバい!
とコンビニに緊急避難して改めてバイクを見てみることに。

160501_08

外面から見えているキャップはリザーバータンクのキャップで、ラジエーター本体のキャップはシュラウドに隠されていたことが判明。
となると、シュラウドを外さねば…。
しかし車載工具すら持って来ていない。
というか車載工具を入れるスペースも無いんでね……。

途方に暮れたところで近くにケインズホーム(ホームセンター)を発見!
シュラウドを外すための六角レンチの他、何か修理に使えそうな具材を物色します。

160501_09

瞬間接着剤・防水工事用シールテープ・ビニールテープ・はさみ・アルミテープを調達。

160501_10

160501_11

160501_12

センスの欠片も無いぐらい各々をグルグル巻きに巻き付けて、

160501_13

ドボドボとミネラルウォーターをラジエーターに注ぎ込む。
今度は間違いなくラジエーター本体に注ぎ込んだのですが、後から考えると量が絶対的に不足していた模様。ちゃんと入れてからエンジン掛けて確認したんだけどなぁ……。

少なくとも防水性のある素材を使ったので「これで何とかなるんじゃね?」と思ってました、この時は。舐めてましたわ……、圧力ってやつを。ラジエーターホースがワイヤー入りの分厚いゴムで出来ている理由が解りましたね、おかげ様で。

<スポンサーリンク>

高速で大ピンチ!(危篤?

ケインズホーム駐車場での修理を終えてエンジンを掛けてみると、亀裂箇所から液体が漏れることも無く、水温計も安定の兆し。
「お! これならイケるんじゃん?」とばかりに高速に乗ります。
各SA&PAで停車して、その都度水を足すようにすれば信号待ちの無い高速の方が安全という判断。それ自体は間違いじゃなかったと思うのだけれど。

160501_14

高速に乗ってちょっと経ったところで赤ランプ再点灯!
うおおおおおおお! ヤバい~!!!!!!
SAもPAも無ぇえええええええええ!

ということで、次の足利ICで緊急避難。
「クーラントではなく(沸点の低い)水を入れたせい」という推測に基づいて、クーラントを購入すべく近くのスタンドを検索してエネオスDr.Drive江川町店へ。

「修理は出来ないからレッカー呼んだ方がいいですよ」という店員さんのお言葉を受けつつも、とりあえずクーラントを入れてもらって様子を見てみることに。

すると、入る入る。
様子見で入れた1Lは難なく飲み込み、追加でドボドボ注いでも注いでも満杯にならない!
さっき自分で入れた量なんて雀の涙ですらないぐらいの量が入ります。

で、エンジンを掛けてみるとドボドボと亀裂箇所から漏れる漏れる。
さっき漏れなかったのは単に量が少な過ぎたからと判明。
冷却水を適正量入れると、熱膨張の圧力がものすごくホースにかかる訳で。だからこそラジエーターホースは凄い頑丈な作りになっているんですな~。そりゃテープを巻いたぐらいじゃどうにもなりませんわ。メカ知識の無さが致命傷となったか……。これはエンジンを本格的に傷めたかも?

店員さんの尽力で見切り発車へ

「これはさすがにダメだな」と見切りをつけて保険会社に連絡しようとしたところ、店員さんが近所の自動車パーツ屋に代替ホースの在庫確認をしてくれることに。自動車用のラジエーターホースで何とか応急処置が出来るかどうか試してみるとのこと。

どうせ保険のロードサービスは24時間対応なので、せっかくの御厚意に甘えることにしてしばし待つ。

何種類かの自動車用ホースが届いたものの、さすがにサイズがバイク用よりはるかに大きい。が、バイク用ホースの外側に被せるとピッタリなものが1本あり、店員さんが悪戦苦闘しながら亀裂箇所の外側をカバーするようにねじ込んでいきます。かなりピッタリと圧着された感じになった上からホースバンドを複数使って更に圧着。その結果、エンジンを掛けてもポタッポタッと滴がこぼれる程度に抑えることに成功! これなら頻繁に停車してラジエーター内に注水を繰り返せば何とかなりそう!

ということで、スタンドの営業時間を過ぎた20時過ぎに東京を目指して見切り発車。
店員さんのアドバイスに従って、大人しく下道をテレテレと走ることにします。
エネオスDr.Drive江川町店の皆様、誠にありがとうございました!m(_ _)m

漏れ出す冷却水を足しながら何とか帰宅 ※動画

疑心暗鬼で走り始め、信号で止まる度に念のためエンジンオフ。
夏に走るとエンジン停止後に一時的に始動出来なくなる症状が以前からあったので(頻繁にエンジンを停止することには)若干の不安があったのですが、この状況では背に腹は代えられません。

スタンドを出てしばらくは水温計の目盛り3で安定。信号待ちで確認してもポタッポタッと滴がこぼれる程度を維持。「これなら東京まで問題無く走り切れるんじゃね?」と希望が芽生えてきたものの、埼玉県に入ったぐらいで水温計が急上昇し、またしても赤ランプが点灯! うっそおおおおおおん!!!

停車して漏れ具合を確認すると、多少漏れが激しくなっているもののドバドバ大漏出という程ではない。が、恐らく、走行中の回転数ではもっと激しく漏れていると思われる。

最短距離での帰京を目指して人通りの少ない県道を走っていたため、真っ暗な中で注水作業を開始。完全に不審者ですがな。

その後はスタンド&コンビニで溢れるまでラジエーターに水を注ぎこむ作業を繰り返しながらテレテレ走行。何とか東京にたどり着き、午前1時を回った頃にガレージ着。朝5:45に出発してから、かれこれ19時間か…。神経をすり減らしながら走ったこともあって、とにかく疲れた……。

苦行と化した本ツーリングのダイジェスト映像はコチラ。オリビア・ニュートンジョンのヒットナンバーとして知られる “Have You Never Been Mellow” のカバー曲の美しいメロディーと共にお楽しみ下さい。詳細なVLOG版も後日公開予定です。

反省と今後

ドルソに乗り始めてから丸6年。初の外出先でのマシントラブルとなりました。
思えば亀裂が入ったラジエーターホースは一度も交換していなかったので、そろそろ経年劣化が起こってもおかしくはない時期。ので、特に「外車だから」「アプリリアだから」というトラブルではなかったんじゃないかな?と思います。ゴムやプラスティックは必ず劣化するものですからね。ちゃんとした知識があれば、念を入れて今年頭の車検時に交換しておけば良かった訳ですし。もっとも、それを言い出したら、ブレーキホースなどあらゆるホースを換えなくてはならなくなるので、かなりの支出になってしまうのですが。

亀裂が入ったタイミングにしても、当初は「何でツーリング中に起こるんだよ!」といら立ちましたが、よく考えれば「山の中を走っている最中じゃなくてラッキーだったな」とも思いますしね。もし、ロードサービスのトラックが入って来られないような山道で発生していたら?と考えると、むしろ幸運だったとすら思えます。

ただ、この一件で以前から感じていた「ドルソが自分の趣向と合ってないんじゃないか?」という思いが強くなったのは事実。国道や有名なツーリング路よりもマイナーで交通量の少ない舗装林道的な道を走ることを目的とする自分のツーリングにとって、重くて足付きが極めて悪いドルソは向いていないんですよね。正直なところ、そういうルート設定のツーリングをしていても楽しめないというか不安が先に来るというか。少なくとも、AX-1に乗っていた時には感じたことのない恐怖心みたいなものがある現状。

楽しいはずのツーリングなのに不安や恐怖心を抱えるっておかしいですよね。
ということで、愛車の乗り換えについて本格的に考え始める契機となった本ツーリングでした。もっと軽くて足付きが良くて維持費が安いマシン。酷道や険道でも不安を感じることなくトコトコのんびり走れそうなバイク。となると、トリッカーとかセローが本命ですかね~。AX-1にもう一度乗り換える(3度目)のもイイかな~? ただ、さすがに部品も廃盤だらけらしいし…。と色々考え始めたのでありました。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする