【武将巡礼ツーリング】長野業正公巡礼ツーリング その1

160330_01
前エントリーでもお伝えしましたように、2016年シーズン一発目となるツーリングに3月24日に行ってきました! 上野国(群馬県)を根城とした武将・長野業正公の菩提寺&城址を訪れる「武将巡礼ツーリング」というテーマでした。

色々と難儀な部分もあってバイク乗り換えについても考えさせられるツーリングではありましたが、とりあえず今回は業正公の菩提寺である長年寺を参拝したところまでのレポをお送りします。

<スポンサーリンク>

後遺症&久々でおっかなびっくり

今年に入ってバイクに乗るのは3回目。
1~2回目は車検に出すために近所のバイク屋さんまでの往復(片道約10分)。ということで、ちゃんと「バイクを運転すること」を目的とした搭乗は昨年11月以来。その時は洗車に行った時で

★参照リンク:コイン洗車場に行ってきた! ~カーウォッシュ大井~
〔暇さえあれば備忘録〕

で、やり終えると結構充実感もあったりして。「おっし、また次のツーリングにすぐ行こう!」というモチベーションもアップしますしね。いいことづくめです!

とか言っていたのに……。

何故、こんなに長くブランクが空いたかと言うと、上記エントリーをアップした後に左上腕~肩にかけての部位が自由に動かせなくなってしまい、バイクに乗るのが億劫になっていたから。

昨年起こした事故の後遺症なのかどうか、11月末ぐらいの寒くなってきた時期とタイミングを合わせて、左手が水平以上に挙げられなくなってしまいましてね。「水平まで挙げられるなら問題無いかな?」と思ったのですが、バイク屋への往復時に乗った際に違和感有りまくりで。普通に街中で乗っただけでも違和感というか痛みを感じるぐらいなので、そんな状態で「人里離れた山の中とかに行こう!」なんて気がサラサラ起こらなくなってしまうのも当然でしょう。

正直なところ、車検のことも考えて一時は売却も考えたのですが、バイクに乗ることをヤメてしまうとアイデンティティーを喪失してしまうような気がするのでね…。とりあえずは暖かくなってからの様子を見るためにも騙し騙し乗ってみようかと思っています。

長野業正とは?

バイクを維持する以上、バイクに乗る理由付けが欲しい! ということで、今回は武将・長野業正を巡礼するツーリングにしてみました。

ぶっちゃけ、それほど知名度のある武将ではありませんが、何を隠そう

武田信玄を4~6回も負かした男

なのであります。

武田信玄ならびに武田軍といえば “戦国最強” とも謳われる程の武略を誇った軍団。とはいえ、別に無敗だったという訳ではなく村上義清や上杉謙信らには普通に負けたりもしてるんですよね。しかし、戦力で圧倒的劣勢にあり格的にも劣るにも関わらず4~6回も信玄相手に勝ったというのは長野業正のみ! 義理に厚い武将であったとも言われており、知名度以上に魅力的な武将です。

そんな業正と居城である箕輪城について超適当ながらまとめ動画を作ってみましたので予習がてら御覧下さい。

寒さと雨でモチベーションが低下

完全なる昼夜逆転生活を修復することが出来ず、当日は一睡もしないまま5時過ぎに自宅を出発。車検のためにETCカードを外していたのに気付いたりとグダグダしながらも首都高~関越へと順調な道程。

しかし、寒い!
よりによって寒の戻りかよ~。

しかも空は一面の曇天。
あれ、前日よりこの日の方が天気予報が良さそうだったから日程変えたのに…。
と思っていたら、三芳SA手前からポツポツと……。

心もドヨーン

寒いし、左肩は痛いし、久しぶりでバイク怖いし、そこへもってきて雨かよ。
ああ、もうモチベーションの欠片も無い……。

さらに、カメラ等の荷物をシートバッグに詰めた際に「やけに余裕で入るな?」と思った理由にも思い当たる。そうね、“ツーリングの必需品” であるカッパを入れてなかったからなのね。\(^_^)/

しかし、とりあえず入った三芳SAで天気予報&雨雲レーダーを確認したところ、どうやら一時的な雨で雨量も大したことはなさそうなのでツーリング続行を決断。そのまま引返すと上りの渋滞にモロに引っ掛かるのでね…。選択肢は他に無かったという。

<スポンサーリンク>
 

富岡インターから下道へ

平均時速80km/hぐらいでひたすら安全運転し、出発から2時間以上経ってようやく上信越道・富岡インターに到着。ただ、8時頃@富岡インターは割と事前の予定通り。今回は肩慣らしツーリングとして走行距離を短く設定していたので、あんまり早く着きすぎても困っちゃいますからね。

料金所を出た所でカメラとナビをセット。
Gorillaナビはなびcafeというユーザー向けサービスサイトを利用することでオリジナルルートの設定が可能になります。

★参照リンク:なびcafe
〔なびcafe〕

「ありきたりのルートは嫌だ!」という私の様な天邪鬼な人間には必要不可欠な機能。この機能があるからこそGorillaにした訳ですが、なかなか便利に使えますね。今回も国道は極力通らないルートを選んでみました。せっかく走るなら楽しそうな道を走りたい!

と走り始めたのは良いものの、すぐに問題が。
クラッチを切ろうとすると手が攣りそう!

残念ながら手の平が小さくて握力も無い私にとっては以前から馴染みの症状ではあるのですが、まさか下道を走り始めた途端に起こるとは!? いくらなんでも早過ぎだろ……。

なにせ近所のコンビニに行く以外で外出することすら久しぶりという程の引きこもり状態である最近。運動不足なんてレベルじゃねぇええええええ! さすがにヤバい! このままだと腕と足が退化した宇宙人みたいになってしまう? 大いに反省したのでありました。

長野家代々の菩提寺・長年寺

攣りそうな手を庇いつつ交通量の少なさに助けられ、何とか長年寺に到着!
駐車場が判らずウロウロしていたら御住職と思しき方が出て来てくれて丁寧に教えてくれました。ありがとうございます。

160330_02

門をくぐると目の前には立派な本堂。
すぐ近くにある幼稚園から園児たちの無邪気な声が聞こえてくるなど、平和な日本そのものの風景すな~。
心が休まります。南無~

境内に入って左手にあるスロープを上がっていくと長野家墓所の看板が。

160330_03

やはり業正公の参拝に訪れる人が多いのでしょうか。

160330_05

ちゃんとお花も供えられていて、しっかりと管理されたお寺といった雰囲気。

160330_06

歴代の御当主たちの墓石がズラッと並ぶ長野家墓所の一番奥に鎮座する7つの墓石。初代~第7代までの御当主でしょうかね。

160330_07

ちゃんと案内板もあります。
業正公の戒名は「一清長純居士」。墓石の台座に彫ってある戒名を見ていくと、上の画像の右から2番目が業正公の墓石のようです。「御武運にあやかれますように」とお祈りしてきましたよ。

ここで反省。
「巡礼」とか謳うのなら、お線香の一本も持って来ないとダメですね。
逆に失礼千万。
次回以降に向けて大いに反省したのでありました。

業正公への参拝を済ませた後は、榛名山を越えて箕輪城址を目指します!
目指したことに間違いはありません!!

<スポンサーリンク>
  

スポンサーリンク

シェアする

フォローする