退職:不惑の再出発?

全然「不惑」じゃない件

さて、以前から愚痴エントリーにてこぼしていた通り、4月末を以て退職することに相成りましたよ。
18日が勤務最終日で既に有給消化入り!
つかの間の自由を満喫するんやで。
そして、ここから人生崖っぷちの再出発や!m9(゚Д゚)ドーン!!

40代半ばにしてゼロからの再出発とはね…。
ま、きれいサッパリ後腐れ&しがらみが無くなったという意味では不惑かも?

退職に悔い無し!

今後の先行きについては不安はあるものの、会社を辞めたこと自体には悔いは無し!
市場規模の縮小、上層部の能力、社員の士気&質、ボーナス消失、経費消失…エトセトラエトセトラ。
遅かれ早かれ、どこかで見切りはつけなければならなかったと思う。

実際、薄給の上に経費が出ずボーナスでの補填も無しという状況が2年続いた結果、
働いているにも関わらず貯金残高が減りまくるという事態だった訳で。

とにかくユル~い素人の集団という稀有な会社だったおかげで(?)、好きな事はやらせてもらえた。
惜しむらくは自分が手掛けた事業で会社の苦境を救うだけの収益を挙げられなかったこと。
初期の頃は時代の先を走っていたと言っても過言ではなかっただけに、その点は非常に悔やまれる…。
もっと無謀とも言えるだけの積極性が自分に備わっていればね…。

好き勝手やらせてもらった挙句に成果を残せなかったのだから、放っといてもリストラ候補だったろう。
と、自問自答。

いずれにしても、バイト時代を含めて満10年の在職でした。

退職金もらえる内に辞めて正解でしょ!(オチ)

今後の先行きは?

問題はこれからどうするか?
前向きにね。

残念ながら大したキャリアも無い状態では転職など見込めない年齢の上に、いい加減で会社勤めにも飽きた&元来向いてないので、唯我独尊の道を歩むことにしよう。少なくとも当面は。

雀の涙の退職金となけなしの貯金と極々一部支払われた経費を基に、節制しながらつつましくフリーランスとしてやっていこう。道は険しそうだけれど、よほどの大企業でも無い限り「会社員=安泰」という時代ではないのは間違いないところで、いずれにしても自活の道は探っていかなければならないのだから。

自分が有していると信じる資質
★センス
★向上心
★探求心
なんかを頼りに道を切り拓いていきますか!

スポンサーリンク

シェアする

フォローする