備忘録 2012.05.07

連休明けの憂鬱な月曜…。
特に、連休を無意義&無駄に過ごした後だけに余計に憂鬱。
せめて連休中の天気が良ければバイク乗り回せて気分転換出来ていただろうにな~と思うと、やり場の無い腹立たしさ。
おまけに競馬も無惨に負けたしね。
NHKマイルカップの26万馬券も当てられなくはなかった(1-2着は的中、3着も候補ではあった)だけに、無情っぷりに腹が立ちそうな勢い。
しかも、連休中の夜更かしが祟って完全に夜型生活シフトだったために、寝入ったのが朝方というダメ人間っぷり。
出社したのは14時前ですワ!(`・ω・´)キリッ
会社に着いてからも全く勤労意欲が湧かなかったところを無理矢理奮起する。
とりあえず週間のToDoリストを作成して、一個ずつこなしていく作戦で。
リストという目に見えるものを消していく作業をゴールにすることで、ちょっとだけ前向き&仕事モード復活!
とはいえ、一番手間が掛かる作業は後回しにしたので、自宅作業で。
人間前向きになっていると幸運が舞い込むもんですな~。
連休序盤に登録した真面目系の出会いサイトで、こちらからの申込みにOKの返事が!Σ(o゚ω゚o)ハッ
即会いを目的としたいわゆる「出会い系」とは異なるモノ(という自分的分類)に登録してみた。
要は婚活向けのサイトですね。
実は以前にも別の同類サイトでちょっとだけ活動したことがある。
ぶっちゃけ「結婚したいの?」と訊かれると、ビミョーな感じ。
今回登録したのが連休序盤で、3~4年前に別サイトに登録したのも年末年始休みの直前。
そう、どちらかと言えば、たまの連休を迎えて一緒に過ごす相手の居ない寂しさからの発作的行動かな?
結婚云々より、まずは彼女欲しさの行動と言った方が正しいかも。
とはいえ、もちろんイイ歳こいた大人なので、お付き合いに発展したら責任と節度を持った態度で臨みますよ。

この手のサイトでは、登録→プロフィール作成がお決まりの手順。
年齢・居住地・勤務地・職種・年収・趣味・性格・PRコメントなどを入力。
写真もアップして免許のスキャン画像も運営元に送信。
低スペック・非イケメソ・高年齢という悪条件を考えれば、極力情報はオープンにして人間としての信頼度を高めるべきというのが自分の考え。
リアル社会でしっかりと地に足を着けて後ろ指さされることなく生きていれば、この程度晒したところで何ということも無いでしょ。オッサンだしね!(o^-‘)b
ただ、自分の写真には凹むけど…。orz
とはいえ、文字情報だけが勝負となるこの手のサービスは、低スペックには厳しいところ。
年収や職種といった数字&文字の羅列で比較されちゃう訳だからね~。
それらを覆せるだけのイケメソならまだしも。
ということで、人柄勝負作戦。
嘘の無い誠実さをアピールしてみたよ。
本当に誠実なのかどうかはともかく(?)、嘘で着飾ったりせず「等身大の自分」をPRですな。
プロフィール作成が完了したら、お次はお相手を検索。
まずはユルーイ検索条件でザーッと女性のプロフィールを見ていくと、結構写真を公開している(写真を公開している男性のみ見ることが可能)人も。
写真を公開している女性は大概美人。至極当たり前。
そして、相手に求める条件も高い。これも当たり前ですな!
という訳で、低スペックおじさんはこれらをスルーするのが合理的♪(o^-‘)b
今回のサイトは検索条件があまり細かく設定できないのだけれど、とりあえず趣味に「コミック&アニメ」と「バイク」の入っている女性を探してみることに。
バイク好きではあるけれど基本インドア派な自分はオタク気質のある人を好きになるんですよ。
「映画」とか「音楽」といった極めて一般的な趣味を条件に入れると、明らかに自分とは合わなそうな人も含まれてしまうので除外。「旅行」とか「ダンス」とか「料理」とかを入れると、自分探しor自分磨きが大好きな人たちで埋め尽くされるので、これらも除外。ストライクゾーンが狭いというよりは、乾坤一擲でいかないと勝機が無いので仕方が無いという方が正しいかと。
てな訳で、一般的には全く女性受けしない条件での検索を敢行した結果、2人の女性が候補に。
お相手の条件に自分が合致しているかどうか、特に年収や子供の希望(子供を持ちたいかどうか)や共働きへの理解などを確認した上での候補です。
低スペック・非イケメソは数多く撃っても当たらないので、入念なる絞込みが重要な訳ですよ。(`・ω・´)キリッ
そして、その2人に申込みメールを送信。
礼儀正しく、かつ固くなり過ぎず。
信用をしてもらうための簡単な自己紹介と返信への糸口となるような質問も加える。
うむ、完璧なお誘いだ!
が、連休最終日まで返事が来ず……。
どんだけ市場価値無いんだ、ヲレ! などと投げやりになることもなく、更なるお相手検索を。(涙目)
ちなみに、女性からのお誘いが1件あったものの、重要事項で希望条件の相違がいくつか見られたのとプロフィールの入力が極めて雑な方(未入力項目が多い)だったので、「もう一度お互いのプロフをご確認されては?」という旨の返事を出しておいた。これも誠実さの証!(`・ω・´)キリッ
さて、別条件で検索して絞り込んだ3人の方を候補に加え、その内の1人に申込みメールを送ったのが6日の夜。
果たしてどうなることやら…?
って、既にゲーム感覚が入っているのは否めない。
正直なところ、このゲームのようなワクワク&ドキドキ感が面白いというのも発作的に登録した理由の一因にあるだろうな~と思う。
返事は来るのか、来ないのか?
自分の戦略は正しいのか、間違っているのか?
どんな人と会えるのか、会えないのか?
みたいな分岐がたくさんあるのでね。
多分、長くこういうサービスに登録し続けている人は、そういったゲーム感覚になっちゃっている人もいるんじゃないかな?
と、大して経験も無い自分が分析してみたりして。
と半ば諦めつつ期待していたところ、本日(7日)夜に最初に送った2人の内の方からOKのお返事が!
な~んか一気に高まっちゃったな、おじさん!! (o゚ω゚o)ノ彡☆バンバン!!
プロフ&お返事を見る限りでは気さくそうな感じの方。
果たして、メール交換から先に繋がっていくのか?
乞う御期待!?
競馬とバイクだけでは更新出来ないのが判明したので、今後は婚活サイトネタやスポーツ感想なども交えて更新していく…のか?

スポンサーリンク

シェアする

フォローする